手軽に取り付けられる

盗聴は犯罪なんです。

だけど、盗聴器が仕掛けられる場所について気をつけていたら犯罪は避けられるんです。

青の洞窟 ダイビング

ということで実際、仕掛けられる場所について調べてみたんです。

さて、盗聴器は一体、どこに仕掛けられているんでしょう。

盗聴器は仕掛ける場合によって、種類によって違うんですよ。
ただ、場所が分かっても確認はプロに任せるぺきです。
何故なら、感電する恐れがあるからです。
盗聴器を探したいのなら、探偵に依頼するのをお勧めします。

で、肝心の盗聴器を仕掛けた場所なんですが。
最初に一般家庭に仕掛けた場所ですが。
案外、沢山、あるわけです。
例えば、人形やぬいぐるみの中とかはどうでしょう。

とはいうものの、手軽に取り付けられるのは、二叉・三叉コンセントでしょうか。
それとも、電話のモジュラージャックに偽装しているものもあるんです。
ほかにも延長コードが盗聴器といったのもあるんですね。
というか、延長コードだとまるっきり、盗聴器に見えないんですね。

だけど、盗聴器に見えたら盗聴器として使えないんですよ。
すぐ気づかれてしまいますからね。
なので、あからさまに盗聴器になっているのなら人形やぬいぐるみ、そういうところに入れていた方がいいのでしょう。
ただ、一般家庭だと案外、沢山、隠す場所があるんです。

怪しいと感じたら是非、プロに依頼してみてはいかがでしょう。